カテゴリ
TODAY’S J-AUTO
パーツ情報
USED PARTS
新着入庫
MEDIA CLIP
LINK
GARAGE 500E GARAGE 500E

Garage 500E (趣味の500Eガレージ)
J-AUTO代表松本のブログ
Garage 500E
メルマガ購読・解除
 
「メカニックの視点。」ブログで綴る車の中身
「メカニックの視点。」
ブログで綴る車の中身


店舗情報 SHOP INFO



営業時間  AM9:00〜PM6:30
定休日  月曜日
    店舗情報 SHOP INFO
J-AUTO CO.,LTD.
株式会社ジェイオート
〒158-0095
東京都世田谷区瀬田3-2-1
TEL 03-5716-9999
FAX 03-5716-4599
Mail info@jauto.co.jp


アクセスマップ ACCESS MAP





2016年9月28日
Koordination von unseren Kunden・・・
Mercedes-Benz W124 1995y E500-LIMITED 009 sapphire black


W124-500E・E500の最終モデルとして世界限定500台(実際には500台と少しの数)が
作られた、E500-LIMITED。
こちらのLIMITEDは走行距離まだなんと、2万km台の奇跡の様な1台。

それでも、悲しい事につい先日まではボディ全体に塗装のクリア割れが
発生し、とても2万kmには見えない状態でした。

しかし、ご覧下さい。元色である009サファイアブラックに、少し黒を加え暗めのトーンとしSTANDOXにて全塗装を終えた、光り輝くボディで見事復活!

W124の生まれた90年代と比べると、塗料の進化は凄まじく、ダークカラーのボディ色で
特に気になります、洗車傷などほとんど付かない程傷に強くなり、お手入れも楽々です。
また、現代の塗料ならではの耐久性にも大いに期待出来ます。


世界中の数々の名車を新旧問わず乗り継いで来られた、
こちらのE500-LIMITEDオーナーM.A様とは改めまして数えさせて頂きましたところ
早い物で十五年来のお付合いを頂いており、この場を借りて心より厚く御礼申し上げます。


実は、全塗装は前回の御入庫時のお話で、
今回は全塗装と車検の際に気になった、足回りを中心とした
乗り味と信頼性確保の為の整備の総仕上げ、という事でお預かりさせて頂きました。


S600 typeフロントグリルインナー部とヘッドライトワイパーはボディ同色仕上げ。
白く内部メッキ部が腐食進行していたヘッドライトは今回、ドイツHella社製-OEMに新調。
同じくMade in germanyのHellaホワイトコーナーレンズもセットで純正の半額以下とお得です。
塗装がビカビカでもライトが曇っていては恰好が付きません。


E500、スターマークともにエンブレム純正新品交換。後期500のHellaテールレンズはスモーク部分の左右差が気に要らず色の揃う、手持ちの部品に交換。ライセンスプレートの右上には目立たぬ様に極小バックカメラをセットしています。


フロントウィンドからの日差しにより、LIMITED独特のフロントシートGrayグラデーション部が
白く劣化進行していたのですが、今回、往年のRECAROの中でも希少となってまいりました
往年のRECARO最上級モデル、CSEを装着!
レザーは柔らかな感触で抜群の座り心地が実現出来る、最高級のセミアニリンレザーを使用。

Gray ・Red ・Green が標準色のLIMITEDの内装ですが、こちらはJ AUTO得意のBlueグラデーション仕上げで作製させて頂きました。


RECARO純正のシートベースフレームでは金属フレームがむき出しになってしまいますが、
J AUTOオリジナルのベースフレームではこんなサイドカバーが付き、純正風に装着可能。
どちらかというと当時のAMG純正RECAROベースフレームの進化版をイメージして作りました。
RECARO純正やAMGと比べ、ダントツでローポジション可能になります。


リアシートとドアパネル4枚も元々のGrayグラデーションから今回Blueにチェンジ。
LIMITEDだけのソフトなレザー表皮の風合いを、いかに生かしたままの仕上げるかが腕の見せ所です。このクルマは元々、リアシートとドア内張りの状態はすこぶる良かっただけに仕上げには気を遣いましたが、柔らかさと風合い共に満足行く出来上がり。


垂れ下がった純正ルーフライナーは紺色のALCANTARA(アルカンタラ)に、
ルーフグラブハンドルも抜かり無く張替。これで未来永劫、天井が垂れてくる事は無くなります。

ルーフ前後方向の両サイドにはダブルステッチを入れ、
ALCANTARA素材と相まってW124の内装の高級感が一気に上がります。


今回、足回りは500純正でフル交換。

内容としては、前後全アーム・ブッシュ・マウント・前後ホイールベアリング、前後ショックアブソーバ(リアのみSACHS-OEM)、ドライブシャフトオーバーホール、デフケースの分解清掃・リアカバーのリシール組付や、デフフランジサイドシール、デフピニオンギアシャフトシール、デフ前後マウント、リア サスペンション メンバー前後マウント交換。
プロペラシャフト 前後ディスクジョイント、プロペラシャフト センターベアリング&サポートマウント交換。
エンジン・ATマウント、各油脂・燃料・冷却水・ブレーキの各ホース、油脂類の交換など多岐に渡ります。

アルミホイールは以前、限定生産させて頂いた鍛造J AUTOオリジナル、
made in JAPANの鍛栄舎社製、Euro-Five Evo18インチ(前後9.25J-ET26)を
目一杯明る目のハイパーブラックペイント仕上げ。

想像してみて下さい。2万kmのボディに、足回り一気にフル交換のW124-500の乗り味。
2016年の今、もぎたての果実の様にフレッシュなこんなE500-LIMITEDを一度味わえば、
余りの素晴らしさに悶絶します。他のクルマには乗れない体になってしまいますね。

実はオーナーM.A様は、歴代W124-500Eは同時期に'92、'93年と
AMG E60-LIMITEDまで複数台御所有になられていた事が有るほどの
500Eフリークであられ、そのどれもが素晴らしい状態でお使い頂きながら絞り込み、
最終的な相棒として、このLIMITEDをお選びになられておられます。
(このE500-LIMITEDは10年程前に1.3万km時にご購入頂いており、少し前まで
オーナー様の足として御利用頂きながら、調子も悪くないとの事で手近なGSの1日車検で
お済ませ頂いていました。今回お預かりのクルマの状態を見ると、やはり安全の為に
整備御入庫を強くお薦めしなかった事を反省しています。
今更ながらに500E・E500は、一年に一回は点検をお受け頂いていた方が良いです。
その方が整備のツケは溜まりません。)

500E・E500の足回りフル交換という整備を、数え切れぬほど
お任せて頂いておりながらも、毎回、劇的なその変化には感動させられます。
ツケを溜めない方が、と言っておきながら、消耗品を溜めこんで一気に交換し、
一気に良くなったこのクルマに触れると、こういうのも悪くないなと考えてしまいます。

PORSCHEのエンジニア達が目指した500E・E500の走りはコレだったのだ!
と、思わず叫びたくなるような衝動に駆られながら、J AUTOメカが仕上げた
入魂の500の感触に酔いしれ回送走行をさせて頂きます。


良い状態でW124-500E・E500をお使い頂けている限り、オーナーは満足感しか有りません。
全方位死角無し、完成されたW124のパッケージングは使う程に良く出来ていると痛感出来、
リニアな感触で、正にドライバーの意のままに動くエンジン、足回り、ボディの感触。

この魅力はPORSCHEのお蔭なのか、
それとも、Mercedes-BenzとPORSCHEが、互いのプライドを掛け、
「もっと良い自動車が作れる!」と、切磋琢磨し合いそれが功を奏したのか。

高級車と呼ばれるクルマは過去から現在まで沢山有りますが、
'90年最初の一台から'95年の最後の一台まで、全て
Mercedes-BenzファクトリーからPORSCHEファクトリーを
往復して組み上げられたMercedes-Benz車は、後にも先にも有りません。

果たして500Eは、PORSCHEとMercedes-Benzが互いの認め合いプライドを懸け、
両メーカーの手によって期間限定で本気で作り込まれた、究極の実用自動車なのか?


このE500-LIMITEDがその答えを今、見せてくれているのか?と、
J AUTOファクトリーからの回送中に烏滸がましくも、少し感じ取れた気がしました。

タウンスピードでも分かる、ステアリングやシートを通して伝わる滑らかな感触。
それでいて少しのガタも狂いも感じさせず、精度高くシャープに研ぎ澄まされた手応えを
絹の様に優しくソフトに伝えてくる、このLIMITED。

余りの気持ち良さに、もう少し走らせたい、高速で一発かましてみたい!
などという欲求が溢れ出る中、遠回りせずに回送を終えました。
2万km台のこの奇跡のLIMITEDを、まさか少しでも擦り減らすのは
私にとって罪深き行為の様に感じてしまい、出来ませんでした。

この素晴らしいLIMITEDの状態はオーナーM.A様の楽しみに、
1kmでも1分1秒でも多く、味わって貰うべき。と、考えさせられた最近の1台です。



        Special Thanks! 
           E500-LIMITED 1995 Owner Mr.M.A














この記事のURL : http://8504.blogten.jp/505421.html
▲TOP
2016年9月8日
GERMAN CARS Vol.166 10月号にJ-AUTOが紹介されました!
GERMAN CARS Vol.166 10月号
特集企画 王道セダンカジュアルワゴン

W124シリーズ最高峰モデルのセダンとワゴンの今
「AMG E60 & AMG E60T」


今回ご紹介頂いたクルマは、どちらも世界的に大変希少な右AMG E60T-WAGON’94、左AMG E60-LIMITED’95。
2台ともAMGスタイリングパッケージ(AMG Version3のフロントバンパー、サイドスカート、リアバンパー)。
この魅力的なAMGオプションを装着する車両の実存数はとても少なく、希少な勇姿と言えるでしょう。





 E60-LIMITEDには、J-AUTOオリジナルの3pieceアルミホイール、BT-90Sを装着。E60Tには、鍛栄舎製のEuro-Sixを装着。共に18inchサイズ。
元々、オリジナル車両では、E60-LIMITEDはAMG 3piece 17inch Front 8.5j、Rear 9.5j、
E60TはAMG monoblockスタイリング2と、同じく17inchが装着されていた。









この記事のURL : http://8504.blogten.jp/506227.html
トラックバック(0)   |   ▲TOP
2016年9月1日
Only Mercedes Vol.175 10月号にJ-AUTOが紹介されました!
Only Mercedes Vol.175 10月にJ-AUTOが紹介されました! 

巻頭特集 The Limited 特別なるメルセデス・ベンツ
リミテッドの代名詞 そこに存在する特別なる「W124 500E」


今回は、往年のMercedes-Benzフリークなら一度はこのお方の記事をお読みになられ、感動させられた事が有るかと思います、
ジャーナリストの山口宗久さんにご取材頂きました。
最近、W202 190E用もリリースされたばかりですが、W124用の山口式オリジナルフロントスピーカーを販売されておられる事で
皆様すっかりお馴染みですね。
車両は左、’92年式AMG 500E-6.0 右。’95年式AMG E60-LIMITED。
AMG初期モデルと最終モデルのそれぞれ500E-6.0とE60-LIMITEDが、同時に写る写真はとても珍しいのでは。





’92年 AMG 500E-6.0 Blue Black アルミホイールはJ-AUTOオリジナル、BT90を装着。





’95年式AMG E60-LIMITED Sapphire Black アルミホイールはJ-AUTOオリジナル、BT90S装着。



         Special Thanks! Only Mercedes Stuff 
                     Mr.Munehisa Yamaguchi

この記事のURL : http://8504.blogten.jp/506230.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2016年8月28日
HELLA/W124 500E HELLA OEM オレンジ コーナーレンズ セット
HELLA/W124 500E HELLA OEM オレンジ コーナーレンズ セット
W124 500Eのオレンジコーナーレンズといえば、このHELLA製でなくては!と拘る貴方に。HELLAのロゴマークやメイド・イン・ジャーマニーのロゴがレンズ表面に有るのがマニア心をくすぐる嬉しいポイントですね。純正定価¥27.648-のセットをOEM品ならではの価格で。(((ランプソケットは付いていません)))
詳細はこちら
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/502308.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2016年8月25日
AMG/AMG Eクラス/E60 入庫
AMG/AMG Eクラス/E60
AMG-E60。1995Yearボディカラー/ボーナイト。実走行距離45,500km。AMG−M119型6.0ℓエンジン/AMGフロントバンパースポイラー/AMGサイドスカート/AMGリアバンパースポイラー(AMGスタイリングパッケージ)/AMGアンダーボディー同色ペイント(AMGカラードトリムパッケージ)/AMGエキゾーストシステム/グレーレザーインテリア・AMG本革張りダッシュボード+前後ドアハンドル(AMGエクスクルーシブパッケージ)/AMGスポーツ本革張りステアリング/AMGオリジナルデザイン本革張りエアバックユニット/AMGフロントスタビライザー/AMG専用300kmスケールBLACKメーター/AMG SL-TYPEウォルナットウッドセンターコンソールパネル/AMG ウォルナットウッドシフトパネル/brembo製フェラーリF50用キャリパー フロントブレーキSYSTEM/brembo製フェラーリF430用キャリパー リアブレーキSYSTEM/AMG 2ピースBBS製アルミホイールF8.5J/18 R10.0JJ/18 etc・・・。灰皿使用の痕跡など皆無の禁煙車。消耗品換装の際、BEFORE&AFTER写真付整備記録簿。消耗品交換も手厚く施されております。更にJ-AUTO-FACTORYにて余裕を見越した各部消耗品交換整備を行い、万全の状態でお乗り頂ける事を固くお約束致します。ご購入後は存分にAMG-E60ライフをお楽しみ頂けます。弊社の扱うAMGはお客様の普段の生活にプラスアルファの刺激をご提供出来る商品であると、自信をもってお薦め致します。何卒、ご検討くださいませ。
詳細はこちら
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/502057.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2016年5月27日
(J AUTO CO.,LTD.) Koordination von unseren Kunden・・・【カスタマーズ・コーディネート】

1993 Mercedes-Benz W124 500E 199 Blue Black


久々のブログ記事更新となってしまいました。楽しみにして頂いて居られる方には
申し訳ございませんでした。

しかし、余りにも格好の良いこの一台は是非とも御紹介させて頂きたく思い、
オーナーのN.S様にご了承を頂戴しました。

振り返れば、オーナーのN.S様とは先代のW124 E500から始まり
早いもので11年以上のお付合いをさせて頂いております。
本当に有難うございます。

ベテラン500Eオーナーであられる、N.S様の拘りが詰まった'93 500E。
一朝一夕にはこの雰囲気は出せないモノと思います。
こんな一台に携わらせて頂けるのは、私共J AUTOとしても大変嬉しく存じ上げます。


前期フェイスにAMG Version2 フルエアロ、下回り・フロントグリル同色。
AMGエアロは勿論、ワイドな500E用では無いので前後のオーバーフェンダーに合わせて、
熱を加えながらラウンド加工しています。この、通称「AMGバーツー」エアロは絶版と
なり久しい部品ですので、この加工を割らずにこなすのは、中々に手強い作業です。


Euro-Six、SLA18、に続き今回、BT90Sを御装着頂き、手前味噌ながらも
スタイリングの完成度が一気に上がりましたね!

丸見えだった前後のbremboキャリパーがチラチラと覗く感じも奥ゆかしく最高です。
 (Front brembo F50キャリパー+355mmローター、Rear brembo 4pot+332mmローター)


何と言いますかもうね、こう男としてムラムラ来る様な格好良さ、感じませんか?
車高やホイールの張り出し具合、隙無く決まった一台ですね。
整備も欠かさずされておられますので、見た目だけでなく実際の走りもハイレベルです。
オーナー様は、何と宮城県仙台市から自走でお越し&お帰りになられていますので、
そこからもこのクルマの調子の良さが皆様にも伝わるかな?と思います。


リアガーニッシュ(ナンバープレート下のパネル)もヨーロッパのナンバープレートサイズの
パネルに変更。W124後期モデルでは、このナンバープレートが納まる部分が横長な
並行トランクが「クルマがワイドに見える」と、人気が有りますが、
前期でも拘る方は居られる訳です。

実はこの500E、内装も凄いのですのが、それはまたの機会に御紹介させて頂きます。

今後とも何卒、宜しく御願い申し上げます!

           Special Thanks! Owner Mr N.S

この記事のURL : http://8504.blogten.jp/494237.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2016年4月14日
メルセデスベンツ/Eクラス/500E 入庫
メルセデスベンツ/Eクラス/500E
今となりましては、大変希少な’92年500E、1オーナー走行3.7万km整備記録簿付ディーラー車です。マニア好みの革とファブリックのコンビネーション内装も快適性抜群で良いですね。更にサンルーフレスもマニア心をくすぐる極上の一台です。整備記録は揃うものの、走行距離の少なさから過去の整備は殆どされていません。が、素性はとても良く、低走行距離の場合は変に手が入っていない方がむしろ有難い所も多々ございます。このタイミングで一回りきちんと正しく消耗品を取換え、予防整備を施す事で究極の仕上がりの500Eにこのクルマは生まれ変わります。低走行距離ならではの引き締まったボディの感触と共に、500Eを所有する楽しみが味わえるのは、もしかするとこれが最後のチャンスかもしれません。
詳細はこちら
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/489525.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2016年3月31日
メルセデスベンツ/Eクラス/500E 入庫
メルセデスベンツ/Eクラス/500E
海外流出が止まらず、急激に流通台数が少なくなってきた500Eですが、何とか日本のクルマ好きの間で国内に残っていて欲しい、自動車の世界での「宝」だと思います。世界的にも認められているからこその海外流出だと思いますが、弊社としては折角日本に来たからには、国内で最後まで名車として過ごさせてあげたいと願って居ります。そんな中でこの一台、ディーラー車’92モデル、サンルーフレスの500Eです。ディーラーさんでのメンテナンス記録は沢山有りますが、走行距離に応じた消耗品交換履歴は少なく、これを機会にJ-AUTOにて、走りと信頼性を一気に復活させます。日常の足として末永くお楽しみ頂ける一台として是非ともお選び下さい。
詳細はこちら
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/488034.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2016年3月10日
GERMAN CARS Vol.163 4月号にJ-AUTOが紹介されました!
GERMAN CARS Vol.163 4月号
特集 絶版名車に酔いしれる。
次こそは乗りたい!憧れの絶版名車」に
J-AUTOの500Eが紹介されました!


今回のクルマは希少な純正ホワイト、J-AUTOオリジナルホイールEURO-SIX付の
500Eが表紙に採用されました!嬉しいですね。








近年、海外流出が止まらなかった500Eでしたが、ここへ来てやっと日本のクルマ好き達の間でも
一気に数の少なくなってきた500Eの人気は再燃しだしてきております。

今回の御取材では、弊社の徹底した納車前整備を施した500Eを
GERMAN CARS編集長に実際にご試乗頂き、誌面上にインプレッションを頂戴しております。

発売時から年数の経過した今こそ、500Eはどこで買われても全く同じ、にはならず、
500Eばかり見続けてきた弊社には、乗り味と信頼性確保の整備について自信がございます。

何より、日々の生活に500Eを使う暮らしは、クルマ好きの人間にとって幸せをもたらしてくれる
最高の相棒、人生の中の特別な一台となる事は、お客様方からの沢山のお声からも常に感じています。

これからも古くなればなる程、500Eを買うという行為は、勇気がいる事だと思います。
しかし、どうか安心して弊社にご用命下さい。

現代の日常の足として本当に500Eが使える、という事は、
弊社の沢山の500Eオーナー様方が証明してくれ続けています。



       Special Thanks! GERMAN CARS Staff!
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/486062.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2016年3月7日
メルセデスベンツ/Eクラス ワゴン/E60T AMG 入庫
メルセデスベンツ/Eクラス ワゴン/E60T AMG
弊社顧客管理車両。平成16年1月より11年以上メンテナンスをさせて頂いてきた日本国内に2台しか存在しないといわれる、希少なE60T WAGONです。足回り、電装品、マウント類やベアリング類、ホース類、各補器類オーバーホールなど、あらゆる消耗品交換は既に終え、その他の整備の手もかなり入っておりますが今回、より精密なATオーバーホール(ZFデルオート)などを主軸とした御納車前整備で、完全な状態のE60T AMG WAGONとしてお使い頂ける様、仕上げさせて頂きます。フロントRECARO CSE×2、黒革内装張替済、SL-TYPE AMGセンターコンソール、ブラックバーズアイウッドパネル、超軽量鍛造アルミホイールEuro-Six、前後bremboビッグブレーキシステム装着。
詳細はこちら
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/462880.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP

[先頭] [前ページ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [次ページ] [最終]