カテゴリ
TODAY’S J-AUTO
パーツ情報
USED PARTS
新着入庫
MEDIA CLIP
LINK
GARAGE 500E GARAGE 500E

Garage 500E (趣味の500Eガレージ)
J-AUTO代表松本のブログ
Garage 500E
メルマガ購読・解除
 
「メカニックの視点。」ブログで綴る車の中身
「メカニックの視点。」
ブログで綴る車の中身


店舗情報 SHOP INFO



営業時間  AM9:00〜PM6:30
定休日  月曜日
    店舗情報 SHOP INFO
J-AUTO CO.,LTD.
株式会社ジェイオート
〒158-0095
東京都世田谷区瀬田3-2-1
TEL 03-5716-9999
FAX 03-5716-4599
Mail info@jauto.co.jp


アクセスマップ ACCESS MAP





2014年5月2日
メルセデスベンツ/Eクラス/500E 入庫
メルセデスベンツ/Eクラス/500E
正に奇跡の一台!これはもう本当に執念の保管状況と言える、新車と見紛うばかりの状態です。ドアを開けて漂う内装の香り、濡れた様に輝くウォルナットのウッドパネルの美しさ、テカリの無い黒革の表皮もまるで新車の趣です。時を越えて現在に現れた、この500EはMercedes-Benzの歴史的遺産といっても最早、過言では有りません。
詳細はこちら
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/414864.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2014年5月2日
メルセデスベンツ/Eクラス/E500-LIMITED 入庫
メルセデスベンツ/Eクラス/E500-LIMITED
名車として名高い500Eシリーズの中でも、特に滑らかで気持ちの良い乗り味で定評の高い、最終モデル世界限定500台のE500-LIMITED。徹底した整備で現代の足として気兼ね無くお使い頂ける一台をお届けいたします。過去から現在に至るまでマメな整備履歴の残る確かな一台です。機関部分への整備も細かく手が入っており、安心してお選び頂けます。ATオーバーホールや外装の全塗装、内装のグラデーション、ウッドパネルなど抜かり無くレストア済み。更にJ-AUTOの納車前整備にて、完全な仕上がりが実現出来る良質なLIMITEDです!
詳細はこちら
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/414859.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2014年3月26日
ニューモデルマガジンX5月号にJ-AUTOが紹介されました!

ニューモデルマガジンX 
MAG X 5月号にJ-AUTOが紹介されました!


 現役プロ野球選手界イチのエンスー、G.G.佐藤選手による
弊社J-AUTOの500E販売車両の試乗インプレッション。 

以前から気になり続けていた、Mercedes-Benz 500Eでしたが
近年更に気になりだされたとの事で今回、ご本人のご希望で
弊社にご用命を頂きました。有難うございます。 

ご試乗後「今の時代に改めて乗ってみても快適で気持ち良い!
このまま乗って帰りたい!」とのお言葉を頂き、嬉しく存じ上げます。

ご検討の程、何卒宜しくお願い申し上げます。(笑) 

                   Special Thanks! Mr.G.G.Satou 
                                                                         Mr.Mario Takano

この記事のURL : http://8504.blogten.jp/412162.html
トラックバック(0)   |   ▲TOP
2014年2月2日
メルセデスベンツ/Eクラス/500E 入庫
メルセデスベンツ/Eクラス/500E
オリジナル500Eをベースに、入手困難なレアーアイテムとなる●RECARO社 CSE バッファロー黒皮革×2●RAID社 小径SPORTステアリングのみを、 シンプルに実装させた、内外装共に美しい仕上げ! まさに、大人向けの黒い5OOEが入庫しました。 現状でもかなりシッカリとした乗り味はキープされており、この手抜かりの無い整備状況の良さは前オーナー様の愛情の賜物ですね。 全てのクルマ好きにとって最愛の一台となる可能性の非常に高い「時代を超えて愛され続ける500E」だからこそ、 このクルマの様に素性の良い一台を是非お選び下さい。 勿論、J-AUTO FACTORYにて徹底した消耗品交換と納車整備を施し、安心して日常の足としてお使い頂ける500Eの完成車をお客様へお納め致します。 Mercedes-Benz 年式 1992年 2月 登録 W124型 500E Power Unit M119型  排気量 5,000CC ボデーカラーは、ブルーブラック。 日本正規輸入 ディーラー車 左ハンドル RECARO社製 CSE バッファロー黒皮革×2(運転席助手席) RAID社製 小径SPORTステアリング黒革巻 MERCEDES社製 純正黒皮革 SPORTリアセパレートシート スライディングルーフ付 走行距離 77,000KM
詳細はこちら
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/405772.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2013年11月20日
メルセデスベンツ/Eクラス/500E 入庫
メルセデスベンツ/Eクラス/500E
詳細はこちら
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/385455.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2013年10月26日
メルセデスベンツ/190クラス/190E 2.5-16 EVOLUTION2 入庫
メルセデスベンツ/190クラス/190E 2.5-16 EVOLUTION2
詳細はこちら
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/394628.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2013年10月17日
念願のSCオルタネータ装着!Segment Leiter Lichtmaschine Montage der lang ersehnte Entwicklung
思えば、もう3年前にもなりますでしょうか?
私、松本がAMG E60-LIMITEDに乗っていた頃で、
その時期でしたから間違い有りません。

「500E用のSCオルタネータを作ってくれませんか?」と、
古くからお付合いさせて頂いております、株式会社アドバンスさんに
お願いさせて頂いていたのは。

近年、殆どのクルマが採用しているのが、この「SCオルターネータ」で、
我等が500Eの時代の純正は、「V型オルタネータ」が使用されています。

※参考 オルタネータの歴史 DENSOさんhttp://www.sp01.jp/an-02[1].pdf


一体私が何故、「SC(セグメントコンダクタの略)オルタネータ」が欲しかったのか?

それは、
一番に回転抵抗が少なくなり、パワーとレスポンス、また燃費も向上する。
(高効率化により、同じ発電量時の回転抵抗は約半分にもなると言われる。)

二番目には、小型化によるエアフローの向上
知っての通り500Eのエンジンルームはとても狭く、オルタネータの付くエンジン下部に、
少しでも風の通り道を確保したい。)

三番目に、出力の安定供給。アイドリング低回転域から、高回転域まで
メルセデス純正オルタネータなど、既存の「V型オルタネータ」の弱点である、
出力の不安定さを排除したい。
(出力波形の波、アップダウンが大きく、また急激な電力消費に対しての
レスポンスが「SCオルタネータ」に対して、「V型オルタネータ」はかなり低い。)

この「SCオルタネータ」は、何かの流用品ではなく
完全にメルセデスベンツ専用設計で、金型まで起こして作られています。

内部構成部品はパテントの都合上、R35 GT-Rで使われる日本製(三菱)を採用。
表記上は150Ah出力ですが、最大出力は170Ahを確保していますので、
真夏の雨の夜、渋滞時にオーディオを楽しんでいたとしても全く問題無し、余裕のパワーです。

また、耐久性や信頼性においても、これまでのモノ以上に
ご信頼頂ける物に仕上がったと思います。

2013年10月、やっと試作品完成!

私、松本の愛車、AMG 500E-6.0に装着テストしております。
装着時もオルタネータ本体がコンパクトになっていますので、取付けもスムースに完了。
J-AUTOのメカニックからの「付け易さ」の評価は上々です。

早速、今迄のオルタネータと比べてみます。

エンジンを掛け、アイドリング時にそのまま
バッテリーにテスターを繋ぎ電圧を見てみますと、
まずは14.2V前後で安定しています。

次に、リアの熱線ON、エアコン冷風全開でエンジン電動ファンもONを確認し、
ヘッドライトハイビームON、ハザードランプ点灯での電圧は・・・14.2V!
良いですね!

この状態だと普通、アイドリング時に12.0〜V付近まで電圧が落ちてしまい、
しかも、電圧がフラフラと変動が大きくなる筈なのですが、こちらはビシっと安定しています。
これは走りの変化が期待出来ますね!

実際に走らせて見ると、アイドリング〜中回転域までのトルクが上がったかな!?
また、エンジンのレスポンスも少し上がった様な感じでしょうか。

シャシダイかダイナパックででも、パワーチェックをすれば
確実に5〜15psは上がっていると思いますが、
(回転抵抗の少なさは間違い無いので)、
体感上で「大きな」変化として感じ取るのは難しいかもしれません。
後は燃費で変化も出る筈ですので、そこも楽しみですね。

今回はまだ、一般的な鉛バッテリーでテストしていますが、
今後は更に、充電効率の圧倒的に高い、リチウムイオンバッテリーに
交換し、テストしてみます。その場合の変化も楽しみでなりません。


今回、この新たな「SCオルタネータ」への交換作業の模様は、
自動車専門誌「GERMAN CARS」さんの11月発売の号で
ご取材頂いておりますので、是非そちらでもご覧下さい。

近日発売予定!ですが、まだお値段が決まっておりません。
また、500E用だけでなく、今後、同年代の他のメルセデス用も
ラインナップに加わる可能性有り!ですので、そちらもご期待下さいませ!

                          Special Thanks!  ADVANCE CO.,LTD
                                                                                    GERMAN CARS
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/393807.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2013年9月14日
メルセデスベンツ/Eクラス/500E 入庫
メルセデスベンツ/Eクラス/500E
詳細はこちら
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/389858.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2013年9月8日
メルセデスベンツ/Eクラス/E500 入庫
メルセデスベンツ/Eクラス/E500
詳細はこちら
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/385457.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2013年9月4日
メルセデスベンツ/Eクラス/E500 入庫
メルセデスベンツ/Eクラス/E500
探してみると意外に見つからないのがこんな一台。整備の記録やオーナー履歴など素性は確かで、尚且つ消耗品交換なども適度に受け、コストパフォーマンスに優れた、程度が良い500。外装はJ-AUTO提携先、STANDOXマイスターSHOPにて全塗装を施し、新車以上の輝きを放つ個体に仕上がりました。近代的な高級塗料を用い、抜群のクオリティと先々までの耐久性を考え抜いたこのボディの仕上がりに、貴方もきっと御満足頂ける筈です。更に弊社J-AUTOの商品車として並べられる車は、安心の整備履歴付と実走行距離車をベースにしています。本当に長く御使用頂けると見極められた個体のみを、お客様の代わりにキッチリ整備を施し、ご納車させて頂いております。また、納車前整備に掛かるコスト(消耗部品代金と整備工賃)は全て車両価格に含めております。今時期、低価格帯から高価格帯の車、スタイリングが格好良い車、走りが良い車等々、数多く存在します。膨大な選択肢の中から、ミディアムクラス W124 500E・E500をあえて選ばれる方々が尽きないのは何故なのか?理由は沢山ありすぎて書ききれません。ですが、あえて一つだけ書き記します。W124 500E・E500をご納車時された時点で、お車探しのお悩みから3年〜10年は開放されるであろう事は、間違いなさそうですね。どうかご検討してみてください。Mercedes-Benz 年式 1994年 4月登録 W124型 E500 Power Unit M119型  排気量 5,000t ボデーカラーはブルーブラック 新車並行車  左ハンドル 黒牛皮革シート+黒内装 E500Limited アルミホイール17インチ×4 スライディングルーフ付 走行距離 87,000KM
詳細はこちら
この記事のURL : http://8504.blogten.jp/372971.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP

[先頭] [前ページ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [次ページ] [最終]